service

池田工業ができること

工法を組み合わせることで
技術をハイブリッドに
駆使する池田工業の施行方針。

世界中から多種多様な「塗膜剥離技術・素地調整技術」を取り入れ、「現場に最適で安全な」工法を「組み合わせて」提案し工事を完遂します。

池田工業ができること

future

未来への取組

技術革新・ボランティア活動など北海道の塗装業の発展に寄与する一連の活動は各方面から高い評価をいただいています。

company

会社概要

1980年の創業以来、個性豊かなスタッフたちが新しい未来を作り続けています。お客様へ適確なサービスを提供するため、社員一丸で常に新しいノウハウを身につける努力をしています。

アメブロ開設!詳しくは▶

スタッフ写真 company 会社概要

池田 龍哉

ごあいさつ

弊社は昭和55年にブラストを主体とした重防食の施工会社として創業いたしました。主に備蓄プラント・修繕船・橋梁・トンネルなどを中心に工事をしています。時代に合わせて湿式ブラスト機、ウォータージェット機、バキュームブラスト機、修繕船用ブラスト機、循環式ブラスト機、IH式剥離機、高圧ブラスト機、回収式パワーツールなどを導入し、お客様の要望に応えられる様に努力精進してまいりました。またそれら機器を使いこなす人材の育成に力を入れており、「知識と技術と道具を融合」して現場の実情に合わせた高品質な工事成果物を迅速にお届けできるように工夫しています。平均年齢が30代半ばの若い技術者集団ですがプランニングのお手伝いから現場管理・実施工まで一貫して自社内で完結することができる会社です。

池田工業株式会社代表取締役 池田 龍哉

スタッフ写真

1980年の創業以来、個性豊かなスタッフたちが
新しい未来を創り続けています。

新しい技術を習得するため、社員は日常から機材の仕組みや工法について学んでいます。実際に現場で使用する前に機材の操作方法や施工における注意点などをレクチャーする講習会も随時開催しています。
また作業の信頼性を確保するために全従業員に教育を徹底して行い、現場作業員のスキルアップにつながる資格試験や技能検定にも積極的に参加を促しています。お客様へ適確なサービスを提供するため、社員一丸で常に新しいノウハウを身につける努力をしています。

1980年の創業以来、 個性豊かなスタッフたちが
新しい未来を 創り続けています。

新しい技術を習得するため、社員は日常から機材の仕組みや工法について学んでいます。実際に現場で使用する前に機材の操作方法や施工における注意点などをレクチャーする講習会も随時開催しています。
また作業の信頼性を確保するために全従業員に教育を徹底して行い、現場作業員のスキルアップにつながる資格試験や技能検定にも積極的に参加を促しています。お客様へ適確なサービスを提供するため、社員一丸で常に新しいノウハウを身につける努力をしています。

個性豊かなスタッフたち

会社概要

会社名
池田工業株式会社
創  業
昭和55年4月
設  立
平成2年10月
代 表 者
取締役会長 池田 修
代表取締役 池田 龍哉
事業内容
1.塗装工事
2.建築工事
3.土木工事
4.防水工事
5.とび土工工事
6.ウォータージェット工事
建 設 業
特定建設業(建築工事業、土木工事業)
許  可
北海道知事許可(特-25)渡 第02617号
一般建設業(塗装、とび・土工、防水工事業)
北海道知事許可(般-23)渡 第02617号
資 本 金
3,000万円
決 算 日
年1回(8月)
取引銀行
北洋銀行・函館信用金庫
所属団体
○一般社団法人日本塗装工業会
○全国マスチック事業協同組合
○日本ウォータージェット施工協会
○ブラスト施工技術研究会
○北海道ウォータージェット技術研究会
○CRR工法研究会
○IH式RPR協会
○函館塗装協同組合
○函館防水工事業協会
○北斗市建設協会
安全対策

池田工業は技術職である現場代理人10名、職人22名すべてが正社員で運営されています。彼らが実際の現場に赴き、計画を立案し管理し施工します。その為、安全対策は厳重に行われています。